家族もあなたもサポート将来を考えた保険選びのすすめ

保険は備え

保険相談の必要性について

生命保険に加入していれば突然の入院や手術にも備えることができますし、万一自分に何かあった場合でも残された遺族に保険金を残す事ができます。 生命保険に加入する際に大事なことは収入の中で無理のない保険料にするです。手厚い保障になればなるほど保険料は上がっていきます。支払いに無理のない範囲で保険料を設定しなければ、保険料の支払いができず保障を受けられなかった、ということにもなりかねません。保険相談は保険のアドバイザーが何度でも無料でおこなってくれます。保険相談の際には自分の希望を妥協せず、すべてを話すようにし、その中から自分の希望する保障に合った、支払いが可能な保険料で保険に加入するのがよいでしょう。

対面販売方式と通信販売方式について

近年生命保険は、アドバイザーが保険を販売する対面販売方式の他に通信販売方式の生命保険が多く出てきています。通信販売方式の生命保険は、対面販売方式よりも保険料が格安に設定されていることと、インターネットなどですぐに加入手続きができることから、安さと手軽さが人気となっています。 しかし、加入する際や保障内容の見直しを考えている場合、保険相談ができず自分自身で判断し加入しなくてはならない点がデメリットとしてあげられます。対面販売方式の生命保険で加入した場合は、担当アドバイザーなどから定期的に訪問を受け保険内容の説明を受けることができ、保険相談したい場合でもすぐに相談することができます。加入の際や定期的な保険相談を希望する場合は対面販売方式のアドバイザーを通じて保険に加入することが望ましいです。